かめライダー
なんと 
かめライダーがおきあがり
なかまに なりたそうに 
こちらをみている!
なかまに してあげますか?

変身活動家 江上喜郎

スーツを脱ぐ。それはつまり、過去の価値観や体制を取り払うということ。オールドカンパニーに新たな未来を築くためには、改善なんかじゃ間に合わない。人間関係もしがらみもすべて取っ払って、バカになる。それができなきゃ、改革は絶対に成功しない。まず自分が変身してこそ、会社を変えることができる。変身活動家・江上喜朗は、事業承継に悩むあなたの、なかまです。

まず、スーツを脱ぎましょう。
過去の価値観や体制とともに。

皆さんこんにちは。私は九州No.1の自動車学校である、南福岡自動車学校の3代目経営者です。こう言うと、一般の方からは「業界で九州No.1の企業を引き継げるなんてラッキーですね」という心の声が聞こえてきそうです。でも本当は、オールドカンパニーの事業承継ほどつらく厳しいものはない。経験したからこそ実感している、本音です。このサイトを見に来てくださっている皆さんも、おそらくは親御さん世代からの事業承継に悩んでおられるのではないでしょうか。

このままではいずれ確実に右肩下がりの現実に直面する。しかし、変革しようにも先代からの従業員たちはまったくついてこない。それどころか、若く新参者である次期経営者の自分には冷たく白い眼が向けられ、非難の声ばかりが聞こえてくる。そんなあなたに、まず言わせてください。ここに、なかまがいます。
新しい時代に向けた新しい経営理念を策定し、ブランディングのためにスーツを脱ぎ、緑のタイツに身を包んだ4年前。周囲を見渡しても味方は誰も見つからず、心が折れそうになったことも1度や2度ではありません。それでも信じて突き進んでいくうちに、一人、また一人となかまが増え、今では当初思い描いた以上の増収増益の結果を残すことができています。

経営も業界も知らなかった私でさえ、ここまで来ることができたのです。古い価値観や体制を脱ぎ捨て、過去のしがらみを断ち切る覚悟さえ持つことができたなら、きっと新しい未来が拓けます。私自身の拙い経験で良ければ、いくらでも皆さんにお伝えします。よろしければ、お気軽にご一報ください。